• 奈月

水中ウォーキング

こんにちは、なつきです。






前回まで私のマタニティヨガについて書いてきましたが、今日はヨガ以外のことを☆


ヨガは生活の一部のように続けていますが、体調が安定してくると、それ以外にも何か体を動かすことをやりたいなと思い始めました。

日に日にお腹は大きくなり、足のむくみや肩や腰の疲れ、そしてエネルギー消費による空腹…(笑)

ヨガは心身を整え、気持ちを安定させたりお産に必要な体力・筋力・柔軟性をつけたり、呼吸法の訓練になったりと妊婦にはとても良いのですが、他のこともやってみたいと思っていました。


まず、暑さが落ち着いた頃から地元の広い公園を歩いてみました。

自然を眺めながらのウォーキングはとても気持ち良かったです。

でも、気候の良い日は歩くようにしたのですが、おなかが大きくなるにつれ疲れやすいようになりました。

妊娠7か月の頃には20分歩くだけでも動悸を感じるようになり、あまり長くは続けられなくなりました。

妊娠中は歩くのが一番良いと言われますが、だんだんきつくなっているのを感じました。


そこで、他に何かないかと考えた時に思いついたのがプールで歩くことでした。

私は3歳~小学校3年生くらいまでスイミングスクールに通っていて泳ぐのは好きなのですが、大人になってからは海やプールで泳ぐことはあまりありませんでした。

でも、夫が泳ぐことが好きで、妊娠前も何度か一緒に近所のプールへ泳ぎに行ったことがあるので、また行ってみようと思ったのです。


妊婦用の水着を購入し、11月に入った頃から市民プールに週1回のペースで通い始めました。

このプールではマタニティスイミングのクラスはないので、歩行専用コースを30分間ひたすら歩いています。

これがとっても気持ちよく、陸地で感じる体の重さを感じないので、30分歩くのはかなり楽でした。

でも、終わった後は程よく疲労感もあり、無理なく続けられると思いました。

最近は妊娠8か月に入ってさらに体が重くなり、水中ウォーキングも歩くペースは落ちてきましたが、それでもあっという間に30分が経ってしまうので、負担を感じずに続けられています。

週末の夕方に行くことが多いのですが、今の季節は空いているので、周りを気にすることもなく楽しめています♪


もし「体のために何か運動しないと…でも何をやっていいのかわからない」と思っている妊婦さんがいたら、プールでのウォーキングはとってもおすすめです!

水の流れに委ねながらゆっくり歩くのは本当に気持ちいいですよ。


ちなみに、プールによっては妊婦が入れない可能性もあるので、施設に聞いてみてくださいね。

一人では心配な方は、家族など誰かと一緒にいくのが良いです。


健やかなマタニティライフを送れますように…☆




なつき


© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook