• 奈月

あなたの「いちばん」を選ぼう

こんにちは、なつきです。





週に何日か、近所の子育て支援センターに行っています。

家の中だけだと息子もおもちゃに飽きてしまうし、私も大人の話し相手がいなかったり煮詰まったりしてしまうので、コロナ禍でも支援センターを空けてくれているのがとてもありがたいです。


いつもセンターに行った日の夜は夫に「こんな様子だったよ~楽しかったよ~」と話していたら、自分も行きたいと言い出し、週末に息子と2人で遊びに行ってきてくれました!


その間は滅多にない私の一人時間!!!!

さて何しよう?

掃除や片付けや家の中のやりたいことはいろいろあるけれど、せっかくだから外に出てやりたいことをしよう。

午前中の短い時間だから、あまり遠くには行けないし、大きなショッピングセンターも混んでたら嫌だしな…

ここはやっぱりカフェでゆっくりお茶してこよう♪

というわけで、カフェに行くことに決定!


では、どこのお店に行こうかな?

本当はスタバに行きたいけれど、家から少し離れているから、移動時間を考えるともう少し近いところがいいかな…

小さなショッピングモールのカフェにしようか、それともフードコートにしようか…


前日から当日の朝まで迷っていました(笑)

そして、やっぱりここは「一番行きたいスタバ」にしました。

少ししかいられないかもしれないけれど、なるべく普段とは違う空間でリフレッシュしたいし、出産してから一度もカフェに行っていなくてこれからもいつ行けるかわからないから、妥協せず本当に行きたい場所を選びました。


そして当日、楽しみにスタバへ向かいました。

店内は意外と混んでいたのですが、周りに他の座席がない離れた場所に一つだけ空いているテーブルがあり、そこに座りました。

移動と待ち時間、そして支援センターへ夫と息子を迎えに行く前にお弁当をテイクアウトしなければならなかったので、滞在時間は30分もなかったと思います。

でも、チャイラテとクッキーを頼んで、明るくておしゃれな空間でほっと一息ついて、だいぶリフレッシュできました。

実はその日の朝、ちょっとしたことでイライラしていたのですが、スタバを出て帰り道を運転している時にはそんなことどうでもよくなっていました(笑)


どこに行くか考えた時に、妥協して近場のお店にしなくて良かったと思います。

もちろん、そのお店が良くないわけではないです。

もし、近いから、安いから、という理由で他のお店にしていたら、あとから「やっぱりスタバにすればよかった」と思っていたと思います。

私がその時の「いちばん行きたい」と思った場所を選んだら、短い時間でも心がとっても満たされました。


何かを選ぶ時に、少しでも「失敗しそう」「損しそう」という点があるとつい「二番手」を選んでしまいませんか?

安全そうで、損しなさそうで、一番ではないけれどまあ良いだろうという妥協で選んだ二番目の選択肢。

そういう時って、あとから「やっぱり一番を選んでおけばよかったかな~」と何となく心の隅にもやっと後悔が残りがち。

自分にとっての一番を選ばなかった時って、「自分にはこの二番目でいいや」って思っているということ。

それは自分自身を大切にしていないということですね。


あなたにとっての「いちばん」を選ぶということは、あなたの本音を大切にするということ、あなた自身を大切にするということです。


私たちは、毎日毎日たくさんの選択をして生きています。

その時に、「いちばん」を選んでいるか。

食べたいもの、着たい服、行きたい場所、やりたいこと…

たとえ日常の些細なことでも、自分の本当の望みを叶えるときっと心が満たされて喜ぶはずです。


私のような子育て中は、子供中心の生活なのでなかなか自分を優先することができません。

子育て中でなくても、自分より周りのことを優先してしまいがちな人は多いと思います。

でも、一日に一つでも「あなたのいちばん」を選んでみてください。

妥協せずに、自分の本音に正直に。


人を幸せにする前に、まずは自分自身を幸せにしましょう♪



なつき


7 views0 comments

Recent Posts

See All

© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook