• 奈月

災難はギフトになる

こんにちは、なつきです。



私の住む地域は、今日明日はずっと雨です。

雨が降るとどう感じますか?


外に出られなくてつまらない

洗濯物が乾かなくて嫌だ

空が暗くて憂鬱


雨というと、マイナスなイメージを持ちやすいですね。

私も、天気予報で雨マークが出ると、反射的に「雨か〜(嫌だな)」と思ってしまいます。


でも、雨が降ること自体はマイナスなことでもなんでもない。

ただ雨が降る、そういう自然現象が起こるだけなのです。

雨が降ることでがっかりしたり憂鬱になったりするのは、その人が雨=嫌なものと捉えているからです。


雨が降って喜ぶこともあります。

例えば、我が家は家庭菜園で野菜や果物を作っていますが、晴れの日ばかりが続いて雨が降らないと、野菜は大きく育ちません。

太陽の光も必要だけど、雨もとても大切です。

それに、夏野菜には夏らしい気候が、冬野菜には冬らしい気候が必要です。

人間にとって不快と感じる気候だって、野菜や果物には欠かせないものなのです。


だから、もし今のあなたの見えている世界が災難だとしても、困難に思えたとしても、暗闇に見えたとしても、見方を変えれば「ギフト」なのかもしれません。

暗闇に見えているのはほんの一面のことで、反対側から見たら光り輝いているかもしれません。


否定的想念によって攪乱(かくらん)されたときは、反対のもの【肯定的想念】が念想されるべきである。

それがプラティパクシャ・バーヴァナである。

(ヨガ・スートラより)


物事は常に中立です。

そこに良いも悪いも、プラスもマイナスも、ポジティブもネガティブもありません。

そう感じているのはあなたの心です。


その災難は、困難は、暗闇は、本当にそうですか?

災難はギフトにもなる。


まだまだ大変な時期は続きそうですが、いつか「あの日々を乗り越えて良かったね」と笑える日がきますように。



なつき

4 views0 comments