• 奈月

魂の仕事の見つけ方②

こんにちは、奈月です。


魂の仕事(ソウルワーク)の見つけ方の続きです。

前回は私のソウルワーク、ヨガに出会うまでのエピソードをお話ししました。

ポイントは、ヨガとの出会いが

「うおーー!これだーーーー!ヨガやるぜーーーー!」っていう強烈な印象ではなく、

「なんかわからないけれどまたやってみたいな」という穏やかな感覚だったということです。

初めてヨガのレッスンを受けてから、週末にスタジオへ通うようになりました。

他の先生のレッスンを受けてみたりして、だんだんヨガの楽しさと気持ち良さにはまっていきました。

そしてヨガを始めて一年くらい経った翌年の夏。

もともと何かを学ぶということが好きな私は、ただヨガスタジオで趣味としてレッスンを受けるだけでなく、

もっとヨガのことを知りたい!と思うようになりました。

そしてヨガインストラクターの養成講座を見つけて通い、

秋には卒業して近所の公共施設でレッスンを開くようになりました。

仕事をしながらでしたが、

週末のレッスンに近所の方たちが来てくれるというのはとっても楽しかったです。

もっともっとたくさんの人にヨガの良さを伝えたいと思いました。

さらに私はもっとヨガを深く学びたいと思いました。

なぜなら、最初に養成講座を受けたスクールはヨガの哲学など私の知りたかった分野を

あまり教えてくれなかったためです。

そして2012年から全米ヨガアライアンスというメジャーな資格を取れるスクールに通い始めました。

プロフィールやこれまでのメルマガでもお話ししてきましたが、

それからは資格取得後に学んでいたスクールのインストラクターとなり会社員とヨガ講師の

二足の草鞋を履き、

会社を辞めて浜松に引っ越し、ご縁のあったヨガスタジオでレッスンしています。



6年前。細いw

初めてのヨガとの出会いからここまで、ヨガ一筋に突っ走ってきたように見えるかもしれませんが、

私のソウルワークがヨガを教えることだとは途中まではわかりませんでした。

他にもアロマの勉強をしたり、会社の仕事が面白くなってスクールのインストラクターを辞めたり、

体調不良が続いてヨガを教えられなかったりと、ヨガから離れそうなこともたまにありました。

それでも、どうしてもヨガをやりたくなってしまうのです。

アロマを学んだとしても、私にとってはヨガがメインでそこにアロマの要素を取り入れる方法が良いし、

会社の仕事が面白くなっても、一番期待されて楽しかったときに

いきなり「ヨガをやりたいので辞めます!」と言ったし、

しばらくヨガを教えられなくてもやっぱりヨガに戻ってきました。

魂の仕事って、どうしてもやりたくなってしまうもの、回り道してもやっぱり戻ってきたくなるものですね。

そして、その魂の仕事の見つけ方とは。。。

これ!というものはありません。

といったら元も子もないですが(;'∀')

でも、人それぞれタイミングがあります。

若い時に見つける人もいれば、子育てや仕事がひと段落して見つける人もいます。

私はヨガに出会うきっかけが人生で一番苦しい時期を終える頃でした。

でも、誰もがそういうきっかけで見つけるわけではなく、好きなことを突き詰めていったらソウルワークに

なる人もいるし、誰かとの出会いがきっかけになることもあるし、

実家の家業を継いだらそれがソウルワークな人もいると思います。

「見つけよう」として見つけるものではなく、ベストなタイミングで見つかっちゃう♡ものなのだと思います。

一番大切なのは、やりたいことをやってみることです。

ソウルワークというと何かすごいことをやらなきゃと思いがちですが、

やりたいことにすごいもすごくないも大きいも小さいもなくて、

あなたが心から楽しめること、喜びを感じることなら何でもいいのです。

ソウルワークを見つけようとするのではなく、そういう目的なしにただやりたいことを、

人生を楽しむことです。

もしあなたがソウルワークを見つけたい!

自分ににぴったりな仕事って何だろう?

と思っていたら、

あなたのどうしてもやりたくなっちゃうこと

それをやるとワクワクすること、喜びを感じること

これだけは欠かせない!というもの

を思い返してみてください。

でも、「それを何とかして仕事にしなきゃ!」と思う必要はなくて、

まずはその好きなことを、あなたの人生を思いっきり楽しんでくださいね♪






奈月

40 views

© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook