• 奈月

ストップがかかっても大丈夫

こんにちは、奈月です。




新年度が始まって、少し落ち着いてきましたか?

私はお仕事の大きな変更がないので落ち着いた毎日を送っています。

…と言いたいところですが、実は先日、大デトックスがありヘロヘロになっていました(×_×;)

ある休日のことです。

ちょうど桜が満開になったので、浜松の山方面へお花見にでかけました。

私の実家もそれなりの山奥にありますが、そこを越えてさらに奥へ車を走らせると、

山の中を流れる天竜川沿いに桜の名所があります。



(秋葉ダム 千本桜)

満開120%の桜がずっと連なっていて、とても綺麗でした!

桜沿いに少し歩いて、戻ったら帰り道の途中にあるレストランでお昼を食べて

帰ろうという予定でした。

しかし!

満開の桜を眺めながら歩いていたら、突然吐き気が…

だんだん吐き気が強くなってきて、道の途中で座って休んだりしたのですが、

ひどくなるばかり。

お昼ごはんも無理そうなので、自宅へ帰ることにしました。

しかし、車でゆられるとこれがまた気持ち悪くなってくるのです…。

自宅までは車で一時間ほど、とても耐えられる気はしませんでした。

と、そこで思いついたのです。

私の実家へ行こう、と。

なんといい場所に実家があるのでしょう(笑)

しかも、お花見中に私は父に「秋葉ダムにいる」とメールをしていたので、

電話したら実家も受け入れ態勢がすぐできて、すぐさま行きました。

私は実家についてそのまま用意された布団に倒れこみ、

吐き気に苦しみながら横になっていました。

それからずっと「吐けそうで吐けない」という一番辛い状態が続きました。

なかなか落ち着かないので、家族には先に帰ってもらい、

私はあとから親に自宅へ送ってもらうことにしました。

その後、休日診療をやっている診療所へ行くことにしました。

親の車に揺られて診療所へ向かっていたところ、あと数メートルで着くところで、

ついに…吐きました……汚い話でごめんなさい。

もちろん、車中で吐いても良いように対策はしていたので汚したりはしていなくて、

お昼ごはんも食べていないので胃液ばかりでしたが、

かなりのデトックスでした。

とりあえず体の中が一掃されてすっきりして、

診療所で胃腸の薬をもらって、そのまま自宅へ帰りました。

その後もまだ体のだるさは続き、翌日までフラッフラでほぼ何もできず、

3日後にようやく食事もいつもと同じくらい食べられるようになりました。

3月中旬に親知らずを抜いた痛みで数日間苦しんで、

それが終わって気候も良くなって「お花見~♪」となったところでまた体調を崩すという…

毎年春先はいろいろあるのですが、今年の春も大デトックスでした。。。

もうすっかり元気ですが、いろいろときれいさっぱりしたら、

なんとなく周りを囲むエネルギーが変わったのを感じました。

そして、「今まで気になってたけどやってなかったこと」をいろいろやり始めています。

まず、これは4月頭くらいに決めたのですが、アロマやハーブなどの植物療法の講座を受けることにしました。

アロマは自分で勉強して検定試験も受けていて、ハーブティーも一時期はまって

本やネットで調べていろいろ飲んだりしていたのですが、

どちらも一度ちゃんと勉強してみたいという気持ちがありました。

浜松の街中に月に数日しかopenしないハーブ&アロマのお店を見つけて、

行ってみたらとっても雰囲気がよくて私好みで、講座があるので早速申し込みました。

そこで購入した本がこれまた素敵な本でした。



東大病院のお医者さんが書いた本ですが、西洋医学に留まらず、

「調和」を大切にされて、さらに芸術にまで話題が及ぶという…

まだ途中なので読み終わったらシェアしたいと思います♪

そして、やってみたかった発酵食品づくりも始めました♡

数年前に母と一緒に醤油麹を作ったことがあり、いつか塩麹も作ってみたいと思っていたので、仕込みました!



カスピ海ヨーグルトも!

これも昔実家に住んでいた頃に母が良く手づくりしていて、

よく胃腸の調子を崩すのでこれを機会に作ってみようと。

種菌を探し回って、第一弾が美味しくできました♡

こうして、今私がはまっていることは、発酵食品とか植物療法とか、

体の内側の健康についての学びです。

ヨガも心身の果てしない学びですが、

直接ヨガに関わらない分野をもっと学んでみたいという想いが強くなってきました。

ヨガの哲学や解剖学、ポーズなどもとても大切だし、ヨガを教えることは学ぶことでもあります。

でも、他の世界にもっと触れることがそのうちヨガの世界を広げてくれます。

なぜなら、ヨガとは「今をどう生きるか?」の学びだからです。

実は、先月くらいまで私はずっと通常のヨガクラス以外にもイベントをやろうと思っていました。

いくつかアイデアはあって、実際にフォームやフライヤーなども作って、

レンタルスペースも見学したりしたのですが、なぜか最後のgoサインが降りてこなかったのです。

もうあとは実行するだけなのに、なぜか最後の一歩が出せなくて、

いつもなら思い立ったらすぐ動いてしまうのになぜだろうと思っていました。

でも、大デトックスが終わった今ならわかります。

だって、私は今それをやりたくないから!

ヨガを辞めるということではなく、今以上に増やすということは、

私の心の底では望んでいないということ。

本当に望んでいることは、ヨガはスタジオでのレッスンだけにして、

それ以外の時間は他の分野の勉強や経験に時間を使いたいのです。

なので、植物療法講座に申し込んだり発酵食品を作り始めたりしたら、

心がすごくワクワクしています☆

『デトックスもストップも理由がある』

前に進もうとしているのに、なぜか進めない

やりたいはずなのになかなか始められない

スタートしてみたのに邪魔が入る

突然の強制終了が起こる

もしあなたが今そんな体験をしているとしたら、

それは本当の本当はやりたくないのかもしれません。

頭では「やらなきゃ」「やったほうがいいよね」と思っているだけで、

心では実は他にやりたいことがあったり、他の道を見つめているのかもしれません。

「これをやろう!」と決めたのになかなか進まない時、

邪魔が入ったとイライラしたり、自分は間違っているのかとか悩んでしまいます。

それはもしかしたら「本当にやるの?」と覚悟を試されているのかもしれませんが、

それでも思うように進めない時は、本当に本当にあなたはそれをやりたいのかを

心に聞いてみてほしいと思います。

いくら頭で「それでもやるんだ!」と言い聞かせても、

あなたが本心から望んでいなければワクワクしないし、

我慢してやり続けてもいつか苦しくなってしまいます。

ストップやデトックスが起こるということは、

「そっちじゃない」という本当のあなたからのメッセージです。

私たちはつい頭であれこれ考えて、やらなきゃいけないことややったほうがいいことを

優先してしまいがちです。

でも、そればかりに人生を費やすのはとってももったいないです。

私たちの内側と外側の世界は、分離しているように見えて実は鏡のようなもの。

目の前の世界で起こることは、私たちの内側を反映しています。

だから、あなたの内側で起こることを大切に。

楽しい毎日を過ごしたかったら、あなたが楽しくいられることを

面白い毎日を過ごしたかったら、あなたが面白いと思えることを

幸せな毎日を過ごしたかったら、あなたが幸せを感じることを


一度きりの人生だから、本当にやりたいことをどんどんやりましょう♪



楽しい春を♡







奈月


0 views

© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook