『ヨガに向いている人』

ヨガの経験のない方から、「私にもヨガできますか?」と聞かれることがよくあります。
そこには、「体が硬いけれどできるかな」「男性だけどやってもいいのかな」「ついていけるかな」などの不安に思う気持ちがあると思います。
やったことのないことをやる時、誰でも「私にもできるのかな?大丈夫かな?」と不安を感じます。
だから、ヨガをやったことがない人が「私にもできるかな、やっていいのかな」と気になるのは普通の反応だと思います。


結論から言えば、

ヨガは誰でもできます!
やりたいと思ったら、誰でもやって良いです!

男性でも女性でも、運動が苦手でも、体が硬くても、子供でも、
お年寄りでも、妊婦さんでも、ヨガをやって大丈夫です。


供ならキッズヨガ、お年寄りならシニアヨガ、
妊婦さんにはマタニティヨガ、動きたい人にはアシュタンガヨガやパワーヨガ、
リラックスして心身を休めたい人にはリストラティブヨガやヨガニドラなど、
ヨガの種類はたくさんあります。

それはつまり、その人に合ったヨガを選べるということで、ヨガは誰にでも開かれています。

ヨガの目的は、体を柔らかくすることでも、痩せることでも、何かすごいポーズができるようになることでもありません。
あなたがあなたらしく、幸せに生きることです。

では、幸せとは何でしょうか?
幸せとは、お金があるとか、世間に評価されているとか、人気があるとか、
特別な技術や知識や功績があるとか、成功しているとかではありません。
心から望むことをやって、本当の自分の人生を自由に楽しく自分らしく生きること、それが本当の幸せです。

自分らしく幸せに生きることに、制限なんてありますか?
あの人は幸せに生きていいけど、その人は幸せになってはいけないなどありますか?
誰でも幸せになる権利はあります。

だから、「できるかできないか」も「向いているか向いていないか」もないのです。

 

もちろん、体の柔軟性や筋力を高めたりすることを目的にしてもいいです。

何を選ぶか、何を目的とするかはあなたの自由です。

だからこそ、「ヨガはこうでなければならない」というイメージは手放して欲しいと思います。

ヨガはあなたらしく生きることを助けてくれます。

あなたがヨガをやりたいと思ったら、いつからでも、どんな形でも、遠慮せずにやって良いです!

(May 03, 2018)

© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook