思いがけない出会い


 

ヨガの根本経典『バガヴァッド・ギータ』には、「あなたの職務は行為そのものにある。決してその結果にはない」という言葉があります。大切なことは結果ではなく、行動することです。たとえ目の前に差し出されたものがあなたの望まないものであったとしても、それは必要な経験であり、神様からのプレゼントだから、とにかく行動して経験していきなさいという教えです。

 

 

私たちは、まだ経験したことのないことやよくわからない状況に遭遇した時、「失敗したら嫌だからやらないでおこう」「よくわからないからまたの機会にしよう」と避けたくなることがあると思います。しかし、そこを避けたままでは、いつまでも変わることはありません。一つ経験すれば、その先には新しい世界があり、できることが増え、可能性は広がっていきます。結果に拘らず、積極的に行動していけば人生経験が増え、新しい自分を見つけたり、新しいチャンスや出会いを掴んだりすることができるのです。

 

 

私は自由が丘でヨガサークルを開いていますが、時々参加してくださる男性から先月、「近所の商店街に空きスペースを貸してくれる方がいるから、そこでレッスンを開いたらどうですか」というお話が舞い込んできました。

その商店街は大田区の久が原という街で、私の住む地域からも近く、料金や広さなども好条件でした。しかし、果たしてこの場所でもレッスンを開くべきだろうか、という思いが頭をよぎりました。現在レッスンをしている自由が丘はとても人気のある街で、ヨガに興味のある方も多く、おしゃれなレストランや雑貨店が軒を連ね、多くの人が集います。一方、久が原は閑静な住宅街ですが、自由が丘に比べれば地元や近隣に住む人以外にはあまり知られていない場所。生徒さんも自由が丘ほど集まらないように感じられました。

 

 

そんな時に頭に浮かんできた言葉が、「あなたの職務は行為そのものにある」でした。

未来のことをあれこれ気にするのではなく、このようなお誘いをいただいたのだからまずはお話を聞いてみよう、考えるのはその後にしよう、と思い直して数日後、オーナーさんとお会いすることにしました。

その方は商店街でケーキ屋を営んでいる奥様でした。お店と同じ建物の3階部分が空いているから、個人的に使いたい人がいればお貸しします、とのことです。あれこれ気になっていたことを話すうちに、とても良さそうな場所だなと感じ始めていました。

さらに会話が進んだときのことです。「インドには行かれるのですか?」と聞かれ、今年こそインドに行こうと考えている私は、「リシケシに行こうと思っています」と答えました。すると、なんと「インドに住んでいたことがあります。リシケシは綺麗で良いところですよ」という言葉が返ってきました。彼女はヨガをやっていた様子などもなかったので、まさかインドに住んでいた方とは思わず、驚きました。そして、その後もメールで会話は続き、彼女は写真や文章を書く仕事をされていて、インドに関する本を出版しているということがわかりました。インドに滞在していたころの様子を書いたエッセイ本で、特に女性たちの日常を記録した内容だと教えてくれました。また、ご主人はインド出身のパキスタン人で、サンスクリット語の研究者の下で勉強していたこともあるなど、インドと深いつながりがあることも知りました。思いがけない出会いにとても驚きました。

 

 

先のことを考えずに会ってみて良かったなと思いました。もし、「良い方向に進まないかもしれない」ということに執着して、レンタルスペースのお話を聞いていなければ、この出会いはなかったと思います。彼女の本は、観光のためのガイドブックには載っていないインドの日常を知ることのできる、とても興味深い内容が書かれています。レンタルスペースのお話をいただけただけでなく、これから行こうと計画しているインドについても知識を得ることができ、新しい世界が広がりました。

 

 

みなさんは、まだ見ぬ未来の結果にとらわれて進むのをためらっていることはあるでしょうか?やってみたいけれど、勇気がなくて足を踏み出せていないことはあるでしょうか?

行動しなければ変化は起きません。思い切って一歩進んでみたとき、そこには思いがけないチャンスや出会いがあるかもしれませんし、自分の意外な一面に気づくかもしれません。

春の暖かな風に乗って、ぜひ、新しい一歩を踏み出してみましょう。

 

 

※この記事は、リラヨガインスティテュートHPの「今月の小話」にも掲載されています。

http://www.lilayoga.jp/instructor/kotoba201404.htm#na12

 

 

© 2013 by Natsuki Uchiyama. All rights reserved

  • facebook